So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

桜の季節と小屋の客人






IMG_5478.jpg
IMG_5485.jpg
IMG_5449.jpg
IMG_5483.jpg


IMG_5493.jpg
IMG_54970.jpg
IMG_5501.jpg



例年より1週間ほど早いという今年の桜。
3月最終週の満開時付近にちょこちょことお花見に。
気温も高く風も強くないので、本当に気持ちがよかった。

公園では人出も多いので、猫の姿も多くは見かけなかったけれど
ふくふくとして穏やかなコたちばかりで安心する。
小さな姉妹も猫たちと接していて、お姉ちゃんは走ってくる妹に静かに近寄るよう促し
なかなか有望な猫使いだったのだけど、途中からスイッチが入ってしまい
植え込みに隠れる猫たちを追ったりして、お世話係らしいおじいさんに注意されていた。
おじいさんにはおじいさんなりの、愛情と正義と責任があるからね。

4月に入りすでに散りはじめ、外に出る度に花びらが舞っているのが目に入り
それもまた美しく季節の移ろいに想いをはせる。

昨年の夏の終わりころからベランダに顔を出す雄の外猫がいて、
うちの猫に対して危害を加える様子もなく、ただ日向ぼっこ目的で寝ているので
こちらも追い払わずに適度な距離をおいて黙認していた。(家猫も同じく黙認)
餌場がどこかにあるのか痩せこけた様子はなく、かといって家猫の風貌でもなく、
来る時間もまちまちなのだけれど、陽がおちる頃までいるので、
寒くなるにつれ、スチロールの板を座布団にどうぞから浅い箱に入ってみるかい等と
徐々に段階を経て、気がつけば最終的にハウスらしきものまででき上がっていた。
寒さと飢えで冬を越すことができず短命に終わる外猫が多いということで、
この冬が越せる防寒ハウスは提供しませうと、せっせと着なくなったセーターや
湯たんぽを投入し備えた結果、大寒波が襲った頃はほぼ毎晩明け方まで小屋入りしていた。

暖かくなるにつれその数も減り、3月の異例の雪の数日後以降顔をみせなくなり、
無事に冬を越して移動していったのかも。
桜の季節過ぎたら 遠くの町に行くのかい?(作詞:志村正彦)ということだろうか。
小屋をつくってからは、万が一大怪我や病気で具合が悪くなっていたらちゃんと保護して
病院へ連れていけるだろうかということも、若干念頭にあったのだけれど
結局ほんの少しだけ心を許してはくれたものの、懐くというところにまでは至らず。
そんな心配知らないだろうけど、せっかく越冬したのだから事故だけはやめてねと祈るばかり。

お花見の季節はまだ寒い夜が続くからと、小屋だけはまだそのままにしてあるけれど
この春は気温も高く、全く必要なさそうなので花が散り終わる頃には撤去しようと思う。
家猫も気にしている様子なので、たまにはひょっこり昼寝にきたらいいよ。