So-net無料ブログ作成

THE DOOR INTO SUMMER




ちょっと前から急に「夏への扉」が読みたくなり、
色褪せ何度も読み込んで表紙もボロボロになった文庫をUから借りて再読。
久しぶりすぎて内容をすっかり忘れていたので、初めて読むぐらいの感じでとても楽しめた。
むしろ最初に読んだ時よりずっと面白かった気がする。
この時期に読んだのはたまたま偶然なのだろうか。
カバーの絵のピート(借りた本にはすでに無し)と同じ柄のマーちゃんに赤橙の花を。



20171130.jpg


ピートといったら本物のピート、どうしたかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。